2005年02月15日

物置の片隅で、そいつは埃を被って眠っていた。

 
いつ何処の誰が作ったのかもわからない

"安物のテント"

それがふたりの最初の家だった。

2002年春、僕らは旅に出かけた。
小さな赤い車に荷物を積んで・・・
 
more
posted by B.J at 00:00 | ■ Introduction 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。